So-net無料ブログ作成
検索選択
前の4件 | -

リヤタイヤを交換 トゥルットゥルだから [乗り物]

夜の高速道路。130 で巡航していたら、後ろに着かれたので走行車線に入って道を譲る
こんな感じのテールライトだった
tail light.jpg
ハッチバックに見えたので「ゴルフ R」かな?と
ハザード出して抜いて行った
tail light.gif
お、私にハザードだと?小癪(こしゃく)な。(ちなみにハザードランプは「緊急事態」の意味なんだけど、道を開けたり譲ったりすると「ありがとう」の意味で2 回ほどチカチカとやる)
もちろん、追いかけます。150 ・・180 ・・
私を追い越した後も、次々に追い越しをするたびにハザードをチカチカ
tail light.gif
80 まで減速してからの加速だからか、中々追いつかない、、200 を超えている。246 まではメーターを確認した。200 を超えているのに片手をハンドルから離してハザードランプをチカチカ。左側車線との速度差は100 あるのに、片手ハンドルでチカチカ。左車線からトラックでも出てきたら反応できるか? なんせ私の後輪タイヤはトゥルットゥル なのだ。そうこうしている間に目的地出口。
という訳で去る過日、注文しておいたタイヤが届いたというので交換してもらう(注文しないと入手できない厄介なタイヤ)
IMG_8106.JPG
ドイツ車ってホイールのロックが「ボルト」。対して日本車はご存知「ナット」
IMG_8109.JPG
どっちがどっちという訳では無いが、ナット式の場合、ねじを切った部分が長くなるので弱い(ねじのギザギザは折れるきっかけになる、お菓子の袋も端のギザギザから開けるよね)。だがボルト式だとホイールの交換が大変。パンクしても修理キット式だからホイール外す必要は無いがね。
IMG_8114.JPG
ちなみに丸いキャップは色が付いているだけで4 枚で2.98 マソするオプション扱い。エグイ商売ですな
新(奥):旧(前)
IMG_8111.JPG
片減りしている訳では無く、パターンが左右非対称なのだ
釘を拾っていたらしい(貫通はしていなかった)
IMG_8113.JPG
いやあスリップサインが出るギリギリとはいえトゥルトゥル
ミシュラン Michelin
DSCN1915.JPG
Pilot Sport 265/40ZR18 101Y (N4)
IMG_8119.JPG
この「N4」がメーカー指定品の印。そうかそうじゃないかでエグイ値段の差が。
その値段? 税・工賃・廃棄込みでの2 本で8.3 マソ。しばらくはお小遣い無しの生活が続く。ちなみに今回の交換までの走行は約2.3 万キロ、後輪だけで1 キロ走るのに3.6 円ということか(´・ω・`)

さて、チカチカは何だったんだろう?
tail light.gif
これか
Golf R.jpg
それともこっちか
911.jpg

4 月の映画 ゴースト・イン・ザ・シェル Ghost in the Shell [映画]

ghost_in_the_shell.jpg
ポエムはいったん中断するで
さて、
原作『攻殻機動隊』が劇場用アニメ映画として公開されたのが1995 年。もう22 年も経つのか(/・ω・)/。このマンガの主題は「肉体の機械化」、つまり脳・中枢神経系以外を機械化(マンガでは義体化と言う)ができる世界を描いたSF。私は哲学者でも科学者でも何でも無いので言葉が足りなくて恐縮だが、チタンで作られた殻に入った「脳」だけがコロんっとあって感覚(視覚、触覚など)は機械を通して得られた場合、どうやって自己を保つか? また、どうやって個人を区別するには? どうやって社会を認識するか? 生きてるって何だろ?生きてるってナア〜ニ!! 理性、知性、感性はどこから来るのか? それらをひっくるめて「ゴースト Ghost 」(見えない何か)がこの物語(マンガだが)のタイトルになっている。何かを感じる(熱いとか痛いとかじゃなく)のは「脳」が好き・嫌い・怖い・・・・他に直感とか予感とか反応をしている、つまり「ゴーストが囁く」わけだ。
以下ネタバレ
主人公ミラ・キリアンは官民共同のプロジェクトか何かで全身義体化された人物。何故だか「少佐」と呼ばれている(原作にはちゃんと設定がある)。演じるのは幣ブログ毎度のスカヨハ。彼女の配役に当たってホワイトウォッシングじゃないかと言われた。どんな意味かと言うと、白人以外の役柄に白人俳優が配役されること。で、問題なのは、それが悪役ではなく「正義の味方」だったりすること。
(話を映画に戻そう)彼女がテロ犯罪を取り締まる「公安9 課(警察の組織)」に配属された。
motoko.jpg
左:映画(本作)、右:原作、、以下同じ。この映画では家出少女がさらわれて記憶を上書きしサイボーグにされたという設定(ネタバレ)。何じゃそれ! サイボーグ化に失敗したら誘拐殺人死体遺棄損壊じゃないか!?ホワイトウォッシングどころかストーリーが破たんしている。その失敗作が後述のクゼヒデオ
9 課を仕切るのが、「猿おやじ」こと荒巻大輔
aramaki.jpg
まぁビートたけしなんだけど、滑舌の悪いデブ太ったオッサンなんだよ
以下、公安9 課のメンバー
レンジャー出身(アメリカ軍海兵隊のエリートね)のバトー
batoh.jpg
多分、原作者の士郎正宗も「沈黙の〇〇」のスティーブン・セガールをイメージしてると思う。
イシカワ
ishikawa.jpg
トグサ
togusa.jpg
「オレはマテバが好きなの」。原作通り後ろ髪が長い。
ボーマ
borma.jpg
テロリストのクゼヒデオ
kuze.jpg
映画では、ただの復讐の鬼(^・x・^)/ 原作では第三次世界大戦で発生した難民の独立を求める革命家
そうそう、家出少女(ミラ・キリアン=サイボーグ化される前の名は草薙素子)のお母さん役で桃井かおり
momoi.jpg
ついでに書いておくと、原作にはない女性が9 課にもう一人。おいおい国籍不明のボーマは置いておいて、イシカワも二グロブラザーじゃねぇか!? ホワイトウォッシングどころか「ベクデル・テスト」を意識し過ぎ・・つまり興行的に当てに行った"娯楽映画"だ。舞台が近未来(ただし核戦争後=勝った国、負けた国、義体化、つまりカオスなんだけど)の日本なんだから、無理やり人種や性別の数を揃える必要あるかな。
以下、余談
今現在、AI が黎明期を迎えている。ただし現状のAI は書類や音声を認識して蓄積し分類できるレベルだ(紙媒体や画像を高速に処理できる)。例として「パナマ文書」が公に断罪されるきっかけになったのは、大量のメールや文章を発信者、受信者と金融取引に「ひも付け」するのを人力では途方もない時間がかかるところにAI にやらせたからだ。つまりAI は過去しか見ることができない。「あなたが好きそうな曲を作ります。あなたが好きそうな小説を書きます。」とAI が言うかもしれないが、あなたの過去の趣向に基づいた創作だ。AI 将棋は1 秒間に2 億手読むことができるそうだが、新しいゲームを作ることはできない。本当にAI が「ゴースト」を持って「囁く」にはまだまだ遠い世界だし、私の本心はそうなって欲しくない。しかし原作では電脳も「ゴーストを宿す」ストーリーになっている。その電脳を持つ「宿主」が人型では無く、あえて戦車(多脚戦車とか、AI で自律行動できることから思考戦車)がタチコマ
IMG_8105.JPG
私のコレクション「超合金タチコマ」
USB ケーブルでパソコンに繋ぐことができるが、何のことはないスピーカー内蔵のスクリーンセイバー。さて、その戦車で機械であるタチコマが宿したゴーストとは? それは「自己犠牲」なんだよ(本作には登場しません)。
「さよならバトーさん」


プレミア付いたか53,000 円もするぜ
この映画のラスボスが多脚戦車。少佐 vs 多脚戦車(ただしゴースト無し、つまり「脳無し」のリモートコントロール)

グローバルに世界がつながる。それはマスメディアでリアルタイムであったり、ネットであったり。原作「攻殻機動隊」や本作「ゴースト・イン・ザ。シェル」では「脳」そのものが世界に繋がる。そんなボーダーレスな状況で愛国心だとか、郷土愛とか何の意味があるのだろうか? 人種、性別、肌の色・・これらは単なる情報。尊重されるべきはゴーストが宿った「個」であって、「個」に偉い若い小さいは無く全てに平等だ。愛国心や宗教を盾にテロを起こすのは己に自信が無く弱いからだ。

映画としては世界観がブレード・ランナーのマネだね。CG にお金がかかっていて映像は良くできているが新鮮味からすると1995 年に公開されたテレビアニメを超えていない。もしこの映画を観に行くなら、超合金のおもちゃを持っているほど思い入れの深い私のレビューなんか、あなたの「ゴースト」から消去してからにしろと私のゴーストが囁く。

この監督は「光学迷彩」を映像化したかっただけじゃん。だがしかしスカヨハの全身タイツ感が否めない。
★☆☆☆☆ 上映時間が107 分と短いのが救い。評価が厳しくてスマン

忖度(そんたく) [お話]

(ポエミー続くで)
幼児に教育勅語を諳んじさせた幼稚園が、小学校を建てる際にけったいな土地取引があったんや。問題は「口利き」があったかどうかや。公務員はもちろん口利きをしてはあきません。議員は「国民のために・・」、「地域の皆はんのために・・」と公約しとるわけで、陳情ならOKやけど「口利き」は違法や。ほんで出てきたのが「忖度(そんたく)」ちゅう言葉。
忖度(そんたく)とは「他人の心中をおしはかること。推察。(広辞苑)」。ふーんやで、また一つ賢くなったで。わしは今まで、忖度って「心付け」みたいなものと思っておったんや。「そんたく」の「たく」が「託す」かと、投資信託かいなと。「お金を渡すからね(だまって手に握らせたりして)、後は言わなくても分かるね」。じゃあ受け取らなければええちゅうわけにはいかへん。義理と人情、2 度断ったとしても、3 度頼まれたら受け入れるやろうどなたはんも。「奥様、ここは私が(払いまんねんわ)」、「何をおっしゃるの、ここは私が(払いまんねんわ)」みたいなやり取りや。
日本人ってお金を忌み嫌ってわざわざ紙に包んだりするんやけど、結局、受け取ったらケツ、死ぬ気で全うせなならへん。つまり、結局はお金で解決するんや、、(あっ)察し。

ポリティカル・コレクトネス political correctness [お話]

ポリティカル・コレクトネス political correctness
ラ・ラ・ランドが興業で成功したのは、嫌な気分になりよったりエグい表現が一切無い所だと思うわ。(注:ポエミーな文章が始まっていまんねんわ・・)。「別れ」のシーンも無い。ネタバレするとミアとセブはそれぞれの道に進むわけやけど、それは彼らが望んだハッピーエンドなのや。またこのストーリーはミアとセブをどないな性別、人種、職業に置き換えても成り立つストーリーや。つまりポリティカル・コレクトネスを満足した映画や。
ポリティカル・コレクトネスは弊ブログで2 度目の使いまわし。同語はウィキペディアでは「日本語で政治的に正しい言葉遣いとも呼ばれる。政治的・社会的に公正・公平・中立的で、なおかつ差別・偏見が含まれておらへん言葉や用語」とある。ウィキペディアが言う「政治的」は正しいと思うわ。なんでやねんなら政治的とは民主主義を言うからや。
今後、科学が発展・発達すれば肌の色や性別なんか元より、DNA(遺伝子)分子レベルで人を区分けすることができるようになる。せやけどダンさんちーとばかし待った、遺伝子情報は究極の「個人情報」や。「出身どこ?」、「血液型何?(輸血やなくて)」大きなお世話や。好奇心はどなたはんにでもあるし、科学の発展には欠かせへんが、個人情報を知りたがるのはそろそろやめにせんか。正義漢気取って“ポリコレ棍棒”を振りかざす気は無いが、公正・公平・中立的を確認するために「個人情報」を掘り起こすのは、それこそポリティカル・コレクトネスに反するで、しかし。
さて、ついでに映画(公共に視聴目的で媒介されるコンテンツ)を製作するにあたって、近々は下記のテストをクリアせなならへん(必須ではおまへんがね)。
ベクデル・テスト:ジェンダーバイアス
ルッソ・テスト:LGBTキャラクターの表象を分析
フィンクバイナー・テスト:ベクデル・テストから派生。女性科学者について
マコ・モリ・テスト ←元は映画「パシフィック・リム」(2013 年公開)だそうや。二度と見るかあないな映画!

本人の夢に出るほど下手な文章だったので関西弁に変換してみたった
前の4件 | -